静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

財産が全くない場合でも、財産分与できるかも

財産分与っていっても、うちには財産なんて全くないわ」
という方も、財産分与が請求可能もしれません。

財産分与には、婚姻生活中に築いた財産の清算の他に、扶養的財産分与というものがあります。

扶養的財産分与とは、小さい子供がいる、病気である、高齢であるなど、離婚後すぐに働けない状態の方のために、一定期間(生活が安定するまで)の生活の保障として金額を支払ってもらうことが出来るものです。

ただし、誰でも貰えるわけではなく,有責性がある人(離婚の原因を作った側)からの請求は認められませんし、離婚に際し経済的に不利益をこうむる人だけが請求できるとされています。

また、財産分与では過去に支払ってもらえてなかった生活費の清算も出来ます。

別居中は私のお金で子供の面倒を見ていた、ほとんど生活費を入れてくれなかったなどという方は、相手に生活費を請求することが出来ます。

私の場合も請求出来るのか、また相手にいくら請求出来るのかなど、個人のケースによって異なりますので、詳しいことは一度ご相談ください。
                            

 

 

 

 

 

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方