静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

浮気をした母親(有責配偶者)が親権を取れるか?

離婚の原因を作った側のことを「有責配偶者」といいますが、有責配偶者が親権者になることを禁じられているということはありません。

例えば、母親の浮気が原因で離婚をする場合であっても、他の事情を考慮した結果、母親が親権を持つ方がよいと判断されると、母親が親権を取ることが可能という場合もあります。

夫婦間で見たら悪い妻だけれども、親子間で見たら、子供にとっては良い母親だという場合もあるからです。

しかし、親権を持つことの条件が夫婦対等である場合には、有責配偶者が不利にならざるを得ません。

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方