静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

養育費請求     ~離婚後に養育費請求をするには~

離婚後の養育費請求

養育費の支払いは長期に及ぶために、残念ながら支払が滞るというケースが多く見られるのが現実です。

親権があるなしに関わらず、離婚した後も親子であることは間違いありませんし、養育費を支払う義務はなくなりません。

親子には生活保持義務があり、例え「パンのかけら」でも子供に分け与えなければならない義務があるのです。

離婚後に養育費の支払いが滞って困っているという方は、しっかりと法的手続き取って支払を確保しましょう。

離婚時に養育費についての取り決めをしたのか、していないのか。その取り決めは口約束なのか、きちんとした文書に残したのか。それによって、相手への請求方法が違います。
 

 

養育費の取り決めをしていない方。口約束で取り決めた方。


① まずは、養育費について相手と話し合ってみましょう。支払い方法や金額などを2人で決めます。相手と協議をし、取り決めが出来たら必ずきちんとした文書に残しましょう。

口約束だけは避けるべきです。今後のトラブル予防のためにも、公正証書にすることを強くおすすめします。

② 相手と話が出来ない、話をしても相手にしてくれないという方は、内容証明郵便で支払の督促を行ったうえ、家庭裁判所に養育費支払い請求の調停や審判を申し立てるという方法があります。

また、内容証明を送らずに家庭裁判所に調停を申し立てるという方法もあります。
 
 

合意書や離婚協議書を作成した方。      
 

① まずは相手と連絡を取り、養育費の支払いについて話をしましょう。
それでも相手が応じない場合は内容証明郵便で支払の督促をかけてみます。
それでもだめな場合は、②か③の手続きをします。

 相手が全く話に応じない場合は、合意書や離婚協議書を証拠に裁判を起こすという方法もあります。裁判に勝訴すれば、強制執行で相手の給料や預金を差し押さえることが出来ます。

 家庭裁判所に調停を申し立てるという方法も考えられます。
 
 

調停調書、審判書、裁判の判決書がある方。


 まずは相手と養育費について交渉してみます。相手が交渉に応じないようであれば、内容証明郵便で支払の督促を行います。

 それでも相手が支払いに応じない場合には、家庭裁判所に履行勧告の申し立てをします。

 履行勧告しても支払いに応じない場合は、家庭裁判所に履行命令の申し立てをします。

 ①~③の請求をしても相手が支払いに応じない場合は、最終手段として強制執行をすることになります。
 

公正証書を作成した方。


 まずは相手と養育費について交渉してみます。相手が交渉に応じないようであれば、内容証明郵便で支払の督促を行います。

② それでもだめなら、公正証書に基づき強制執行をします。


いずれの方もどのように養育費を請求するかはケースバイケースです。

 

 過去の養育費も請求出来るの?

過去の養育費も請求出来ます。将来の(これからの)分だけではなく、過去の養育費についても別れた相手に対して請求することが出来ます。

これについても、協議で話がつかない場合には、家庭裁判所に調停を申し立てます。

過去の養育費といっても、いつの時点からの養育費を請求出来るのかが問題になってきます。
これについては、①養育費を請求した時点から ②要扶養状態になったときから
と、意見が分かれています。

いずれにしても、個々の諸事情を考慮したうえで、養育費の分担額を決めることになるでしょう。

ただ、養育費を請求した事実を証拠に残すために、内容証明郵便を使って、なるべく  
 早く請求をしましょう。
 

 

  養育費は一切請求しないと約束してしまった方

「離婚時に養育費は一切請求しない」と約束してしまった方でも、養育費の請求が認められます。

ただし、離婚時とは事情が変更になり、このままだと子供の監護に支障をきたすなど、特別な事情が生じた場合に、事情の変更を理由として養育費の請求が出来るとされています。

養育費は子供が請求出来る権利です。当人が養育費の請求権を放棄してしまっても、子供による請求権は失われないのです。

しかし、「養育費はいらない」という約束は、養育費の額を決めるに当たり斟酌されるべき一つの事由になるとされています。

また、この場合、過去の養育費について請求するのは難しく、将来の養育費のみ請求出来ます。
 
 

 一度決めた養育費の額を変更できる? 養育費の増額請求・減額請求

支払う側、または支払いを請求する側の養育費取り決め時の事情が変わった場合、一定の事情が認められれば、養育費の額を変更出来ます。(増額・減額請求が出来ます。)
 

養育費を増額・減額したい方はこちら→養育費の増額・減額請求



離婚後の養育費請求、養育費増額・減額請求に関するお問合せ

当事務所では、離婚、養育費に関するご相談はもちろん、養育費請求の内容証明の作成、また合意した際の合意書作成、公正証書の作成手続き代行、養育費請求に関する全般的なご質問、お悩みなど、幅広くご相談に応じております。

【全国対応】 遠方の方、お時間のない方でも、ご安心下さい。

メールや郵送などのやり取りにより、当事務所へお越し頂く必要なく、内容証明による養育費の請求が出来る体制を整えております。

相手にどうしても養育費を請求したいと悩んでいる方は、ぜひ当事務所の離婚専門家にお任せください。  

離婚時に取り決めをしたのに、養育費の支払いが止まってしまった
養育費はいらないと言ってしまったが、事情が変わり、相手に養育費を請求したい
相手とは話し合いにならず、どのようにして養育費を請求したらよいのか困っている

など、どのような事でも一度ご相談ください。

お問い合わせはこちらから→お問合わせ

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方