静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

親権者を決める判断基準とは?

親権者を決める基準は、誰が親権者となることが子供の利益=子供の福祉に適しているか、という観点から、父親や母親、子供のさまざまな事情を考慮して決められます。

1つのことを基準に決められることはありません。(たとえば、父親の方が収入がある、母親の方が生活環境が良いなど。)

夫婦それぞれの年齢や監護状態、精神的・経済的環境、居住環境、子供への愛情、親族の援助、また子供の年齢、性別、心身の発育状況など、さまざまなことを考慮し、判断されます。

また、一般的に母性のある者が優先される、兄弟は分離しない方がよい、別居中に子供を監護していた者を尊重する、離婚後に子供の面接交渉をきちんと行ってくれるか、などということも判断の基準になります。

親権者をめぐり、夫婦間で争いがおきるという問題もありますが、自分がどうしたいかということよりも、子供の幸せのためにどうしたらよいのか、親権者はあくまでも「子供の幸せ」を一番に決められるべきであるということを忘れないでください。

 

 

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方