静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

専業主婦でも親権を取れるか?

「専業主婦で収入がないので、親権を夫に取られてしまうのではないかと心配です。」
というご相談をよく受けます。

離婚にあたって、親権争いになったとき、まず父親側が言ってくることは・・・

「父親の方が経済的に安定しているから、子供を育てていくのには俺の方が適している」ということ。


そう言われると、母親側は、本当にそうなのかしら?と不安になってしまいます。

確かに、父親は離婚によって収入が減ることはありません。

母親側はパートの収入だけで子供を養っていけるか心配ですし、また専業主婦だった方は、収入が全くなく、この先子供を育てていくことが難しくなりそうです。

 

が、お金さえあれば、子供は幸せになれるというわけではありません。

また、収入は、定職に就いて働くことで増やせますし、養育費や児童扶養手当などで、ある程度で賄うことも出来ます。


親権は、お子様への愛情、監護状況、親の精神状態・・・など、さまざまなことを考慮して決められます。

経済力は、親権を取る上で、全く無関係というわけではありませんが、単に、お金がないからといって親権が取れないということはありませんし、最重要視される事情ではありません。

 

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方