静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

離婚届にハンを押した後で気が変わったら・・・

離婚の成立は、離婚届を提出する時に離婚の意思がなければなりません。

離婚届を書いたときは離婚の意思があっても、その後離婚の意思がなくなった場合、その離婚は無効となります。

しかし、相手に離婚届を提出されてしまうと、離婚が成立してしまいます。

相手に離婚届を提出されてしまう恐れがある場合には、市役所に離婚届の「不受理申出」の書面を提出しておくと、離婚届が受け付けられなくなりますので、利用してみてください。
(不受理申出の用紙は市役所に備え付けてあります)

もし、離婚届を提出されてしまった場合、離婚を無効にするためには、家庭裁判所に離婚無効の調停を申し立てなければなりません。

離婚届が出されてからくつがえすことは大変ですので、離婚をしたくなくなったら急いで不受理申出をすることが大切です。

                        

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方