静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

離婚を選ぶ前に

離婚を考える前に・・・

2人の男女が生活をともにするということは、どういうことでしょうか?

育ってきた環境、考え、習慣、教育、嗜好などの違う2人がある日から
突然生活を共にするわけですから、どの夫婦でもお互いの言動や
態度などに対して不満や愚痴が生まれ、次第に相手の嫌なところが
見えてきたり、価値観の違いに悩んだり、ぶつかり合ってしまうのは
当然のことといえます。

離婚を選ぶ前にまず、2人で向き合い、改めて婚姻を持続していくための目的を話し合い、お互いに納得し夫婦で努力していくことを確認してみてください。

現状を打破することで新しい夫婦関係をしっかり積み上げていくことが大切です。

それでもだめなら、その時点で離婚を考えても遅くはありません。

また、他人の意見やあふれる情報に振り回されていませんか?
ほんとうに離婚したいのか、冷静に自分の心の本音を見てみましょう。

 

 離婚を選ぶ前に・・・別居して冷静になるのもひとつの手

 

離婚の結論を出す前に別居して冷静になり、ゆっくり考えてみるのもひとつの手です。

離婚問題でいらいらしながら夫婦生活を続けていると、毎日相手との接触に余計に夫婦仲がこじれていくことがあります。

気まずい家庭生活では、子供にも精神的に良いはずはありません。

そんなときは冷静になれる環境に身をおいてみましょう。
 

 別居についてはこちらをご覧ください→別居
 

 離婚を考える前に・・・一人で悩まないで気持ちをさらけ出す

悩んでいるときは客観的に考え、よい結論を導き出すのは難しいことです。

誰かに相談できれば心も軽くなり、冷静に考えることも出来るでしょう。

自分ひとりで解決しようとすると、苦しさが増幅されるばかりでなく、冷静な判断が出来なくなることも少なくありません。

相談相手を肉親に頼むのは、身びいきになったり、感情的になり離婚へということになりがちです。

話がこじれてきたり、離婚ということになったら、専門家に助言を求めるのも良い方法です。

離婚というのは、単なる感情論だけで済むものではありません。
法律的なことも関わってきます。
また、法律を知ることで、優位に離婚を進められるということもあります。

夫婦のことを知らない人に話すのは抵抗があるかもしれませんが、第三者の客観的な意見を取り入れ、新しい人生を歩んでいる人たちも大勢います。

一人で悩まないで、専門家に早く相談することで離婚の手続きをスムーズに進められることもあります。

行政書士には守秘義務がありますので、どうぞ安心してご相談ください。

 

離婚・別居に関するご相談、ご質問、お悩みはこちらから

離婚・別居に関するご相談、離婚に関わる養育費や慰謝料の問題など、ご相談やご質問がある方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから→お問合せ

 

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方