静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

住宅ローン付不動産の財産分与の仕方

住宅ローンが付いている不動産の財産分与の仕方としては、その不動産の時価から残ローン額を引いた額をもって財産分与の対象たる財産の価値とします。

例えば、マンションの時価が3000万円でローンが2500万残っている場合、その不動産の価値は500万円ということになります。

一番簡単な分け方は、不動産を売却して金銭を半分に分けるという方法です。

しかし、一方がそのマンションに住み続けるという場合は、住み続けたい方が他方に価額の半分を渡してその所有を確保します。

また、夫名義のマンションに妻が住み続け、ローンは夫が慰謝料代わりに支払うというケースもありますが、その場合夫がローンの支払いを滞ると、抵当権が実行され妻の住む所がなくなるという可能性もありますので、注意が必要です。

その他にも方法はありますが、それぞれの方法のリスクをよく検討し、銀行などと相談しながら決めることが大切です。

                          

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方