静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

 子供のこと

 離婚する夫婦に未成年の子供がいる場合、さまざまな問題が生じます。

                  誰が子供を引き取るのか
                  養育費は誰がいくら出すのか
                  子供の氏と戸籍はどうなるのか
                  別居している親は子供と会わせてもらえるのか・・・など。

  夫婦が離婚したとしても夫と子供、妻と子供の親子関係がなくなって
                                しまうわけではありません。しかし、離婚すれば別々に暮らすことになるので、子供も一方の親に引き取られることになり、他方の親とはたまに連絡したり会ったりするなど、離婚前とはかなり形の違う親子の関係、接し方になってきます。

 離婚後の親子の関わり方として、親権者監護者面接交渉権、また子供にかかるお金の問題
 として養育費について良く考えなければなりません。
 

 子供の幸せのために

 もし、離婚が決まったら、出来る限り子供の心を傷つけないように説明することが大切です。

 子供の年齢にもよりますが、子供は嘘を見破ってしまいます。
 あくまで離婚は親の問題ということを認識し、その理由を正直に説明して、子供の反応や気持ち
 を確かめながら、優しく根気良く話してあげましょう。
 

      夫婦で話し合ったことを理解してもらう
    冷静に話し合い、子供に不安感を与えない
    子供に話すとき、相手のことを誹謗中傷したり、悪く言ってはいけない
    子供の反応に注意し、優しく根気よく説明する
 

離婚相談、離婚に関するご質問、お悩みはこちらから

  お互いに親権をゆずらない時はどうしよう
  婚姻中の姓を名乗りたいんだけど
  養育費はどれくらいになりますか

 など、ご質問、ご相談がありましたら、お気軽にお問合せください。
 まずは初回メール・ファックス無料相談からどうぞ→お問合せ

                                                                                          
 

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方