静岡県浜松市の離婚相談専門行政書士。公正証書・離婚協議書作成。離婚後の養育費・別居中の生活費請求

 

 
 
 
 
 

行政書士とは

行政書士は総務大臣が管掌する国家資格者であり、社会的にも高い評価を受け信頼された資格です。

他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可などの申請書類の作成並びに提出手続き代理、遺言書などの権利義務、事実証明及び契約書などの作成などを行います。

取り扱うことのできる書類は9000種類を超え、その知識を生かしてコンサルティングや法律相談にのることも大切な仕事です。

つまり、行政書士は書類作成のみならず、それにまつわる法律相談や手続きを通して、一市民の日常から企業家の経営に至るまで、国民の生活が争いなくスムーズに進むための手助けをしているのです。

それが身近な法律家といわれる所以です。

当職は、難しい法律用語は使いません。みなさまにわかりやすい言葉で説明し、身近で素朴な疑問でも依頼人の立場に立ち、常に真摯に対応することを心掛けております。


 

 

弁護士との違い

弁護士は争いが起きてからの法律家だとすれば、行政書士は争いを未然に防ぐ法律家ということができるでしょう。

また、弁護士はどちらか一方の側に立ち、相手と争うことが仕事です。

行政書士は、依頼人はもとより相手の言い分も聞いて、争うよりは両者を円満に平和的に解決するのが仕事です。

あくまでも両者の中立の立場です。

当事務所では、話し合いによる協議離婚を目指しています。

相手と徹底的に争いたい方、裁判を考えている方は、は、弁護士にご依頼されることをおすすめします。

また、離婚しようか迷っている段階で弁護士事務所を訪れると、あまり話も聞かずに、はい離婚ですね!相手に慰謝料を請求しましょう!などと、すぐに離婚の話にもっていかれるということで驚かれるご相談者様が多くいらっしゃるようです。

弁護士は、事務的に処理しますので、費用はかかってもすぐ離婚したいという方には向いているかもしれません。

が、離婚しようか迷っている、話しを聞いてほしいというカウンセリングを希望されている方は、行政書士事務所を訪れた方があっているかもしれません。


行政書士に依頼するメリット

 離婚するかどうか最終的に決断するのはもちろん自分自身です。

決意する前には誰かに相談するものですが、親、兄弟に相談するケースが多いでしょう。

親、兄弟は、相談を自分の問題として真剣に取り組んでくれるというメリットはありますが、どうしても身びいきになりがちで、なかなか客観的に冷静な判断を下せないという欠点も合わせもっています。

また、当事者だけで話し合いをすると、感情が先行して冷静に話し合うことが難しい場合もあります。

離婚は単なる感情論ではなく、専門的な判断を必要とします。

調停や審判になったら子供の親権がどちらにいく可能性が高いか、財産分与などの金銭的給付額はどの程度がそのケースで妥当なのかなど、素人にはなかなか分かりにくいものです。

協議離婚を思い立ったら、まず専門家に相談し、アドバイスを受けながら離婚を進めていき、離婚の話し合いがまとまったら離婚協議書や合意書にまとめてもらうというのが上手な離婚の方法でしょう。

そこで、気軽に相談出来て専門的な助言をしてくれる相談先として、行政書士に一度ご相談ください。


 インターネット上や書籍など、協議書や合意書の雛型がでており、自分で作成や手続きを行うことも出来るかも知れませんが、違法、法的に無効な内容、公序良俗に反する内容などは法的な証拠として無効になることがあります。

法律知識に自信がない方や、十分に勉強する時間がない方は、専門家に任せた方が無難でしょう。

自分で行うことに比べると料金がかかってしまうかもしれませんが、不要なトラブルを避けたり、助言をもらえたりできるメリットがあります。

 

行政書士には、法律で職務上知りえたことを漏らさない守秘義務があります。
また、行政書士として品位を汚さないようにする義務もありますので、安心してご依頼ください。

 

ページ先頭へ

 

 
 
ホームページ作り方